話題沸騰のボトックスなら万事オッケー!

えら治療にボトックスが使用をされる前は、えらが張っている場合は、えらの骨切り術や大がかりな筋肉除去手術しか治療する方法がありませんでした。
えらの張りにボトックス治療した場合、しわの治療とは異なりボトックスの効果が半年くらい持続をします。
危険を伴う手術はアメリカでは大病院の手術室で複数の医師のもとで行われるべきものとされ、いわゆる一般開業医の診察室でするような手術ではないとされています。
十分な満足がボトックスで治療をしても得られない場合、ある程度ほほの脂肪が付いているならば、それを脂肪吸引で除去をします。
殆どの時はこのボトックスと脂肪吸引の2つの治療でかなり満足することができるものです。
えらの治療にボトックスを使った場合、えらの骨格が自分自身では張っているように感じられても、えらの筋肉がじつは縮小するのみでよほどの満足感が得られます。
状態は骨を切除すれば改善しますが、難易度の高いこの手術は危険な手術でもあるのです。
アメリカの形成外科医で、2000年ごろからえらの筋肉(こう筋)にボトックスを注射するコトによって、スリムにえらの張りがなることが報告をされるようになりました。
骨格、筋肉、そしてそれに加えにある皮下脂肪組織がえらの張りは、関係しています。

 

骨を切除する手術を脂肪吸引とボトックスでも納得出来ない時には考慮をする事となります。
ボトックス治療をなんどか重ねるうちに筋肉がずいぶん萎縮をして、ボトックスをそこまで大量に打たなくてもよいようになる事もあります。