話題沸騰のボトックスなら万事オッケー!

気をつけたいのは、ボトックスをディスカウントで施術をするためにかなり大手の美容外科クリニックが、当然のように使用をしてます。
更に、品質管理上の問題があって、最大20倍をボツリヌストキシンの単位数が、超えるばらつきがあります。

 

どんな製剤が出回っているのか、それでは、ご説明しましょう。

 

ボツリヌストキシン製剤でもアラガン社が関与してない製剤です。
もし、ボトックスという名前をアラガン社製ではないのに名乗ってたら、明確な登録商標違反デス。
知らないうちに、つまり、規定量の10倍の濃度の注射を受けてることがあるという訳です。その性質上、ボツリヌストキシンA型は、1回に大量の成分の注 射がなされると、抗体作られてしまい、ボツリヌストキシンA型による治療がその後、一生、無効になってしまいます。
最近この薬剤を注射されて治療効果がマッタクなかったという告訴が増えているそうデス。
しっかりと本国において、保管温度管理がなされたものならば、中国製よりましかもしれません。とはいっても安定性が確認を入れられれておらず、避けた方がそこそこです。

 

中国製 BTXAは安価です。
ただ、豚のコラーゲン(ゼラチン)が成分には入ってるため、比較的高率にアレルギー反応が見られます。
アラガン社製のボトックスの1/4〜1/5の価格で中国製 BTXAは購入可能のようです。
必ず治療を受ける前に、薬剤の名称を確認ください。

 

ボトックスとは本来、呼べないボトックス製剤があります。
韓国製は効果が薄く、クリニックにクール便ではなく納品時には通常の宅急便で送られてくるそうデス。
業者が安価で買えると、医療機関へ アプローチをくり返す粗悪品デス。
韓国製にしろ中国製にしろ、名だたるいずれもコピー天国の薬剤です。格段に韓国の昨今の工業製品のレベルは向上しましたが、中国のそれはひどいものです。