話題沸騰のボトックスなら万事オッケー!

約半年でふつうは効果が切れて、元にもどっていきます。
ふくらはぎにボトックス注射を注入する事によって、ふくらはぎの筋肉の収縮をエラの咬筋と同じ様に弱めます。

 

 

脂肪の量が少なければ脂肪太りのふくらはぎには、メソセラピー(脂肪溶解注射)、脂肪の量が多ければ脂肪吸引という処置が良いでしょう。
ただ、ふくらはぎに脂肪がつく事は稀で、筋肉太りのケースが大半デス。
腫れやほとんど痛み、内出血もありません。
徐々にこの感じは薄れていきます。
筋繊維はこの処置により修復されなくなるため筋肉は退化をしていきます。
ボトックスをふくらはぎに注射をするとふくらはぎの筋肉が細くなってくるのが約2週間ほどで、自覚できます。
ボトックスを入浴を注射をした当日は避けてシャワー程度にして、2〜3日くらいは注射後は下半身の強烈な運動や自動車の運転などは控えましょう。

 

筋肉内の6カ所ほどにボトックス注射は注射をされます。
アレルギー症状がごく稀に出るケースがありますが、すぐにその際は医師に相談してください。
足がもつれるみたいな感じがしてボトックスを注射して2〜3日くらいは、歩きづらくなったり、足が疲れやすく感じたり、また足がだるく感じることがあります。
注射量も減らせます。注射が数回 で必要なくなる方が多いようですね。

 

時間がさらにたつにつれて更に細くなっていきます。とは言っても、個人差があります。

 

 

注射はみじかい時間で終わり、すぐに注射後歩いて帰れます。

 

ふくらはぎはそこで細くなります。
ただ、筋肉質でふくらはぎが太くなっている時は、効果がボトックスがありますが、効果は脂肪によって太ったふくらはぎにはありません。
ボトックスによる施術は他のプチ整形とおなじように、一過性のもので、継続して定期的に治療を続ける必 要があります。ただ、すこしずつふくらはぎの筋肉が痩せていきますので、チョットずつボトックス注射の間隔は空けられるようになります。