話題沸騰のボトックスなら万事オッケー!

ヒアルロン酸注入治療を一緒にして美容整形外科を前提に考えた場合のボトックス治療相談のときには、勧められることが多くなっています。
1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認をされたボトックスとは人体に無害なタンパク質の一種です。

 

後4ケ月以上たつと、ボトックス注射は新たにアセチルコリンの放出が始まるため、4カ月から6ヶ月に1度、基本的にボトックス注入を続けることが必要になります。
全てのしわにボトックス注射は有効なわけではなく、顔の「表情筋の影響」によってその効果はできる表情しわにかぎられます。
ヒアルロン酸を注入するなどして表情しわ以外のしわを改善するためには、肌の中から押し上げる必要があります。
食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌毒素からボトックス注射の成分は抽出をしたもので、ボトックスをしわが気になる部分に注射するというしわ治療デス。
ボツリヌス菌由来の神経毒素複合体のうちから、ボトックス注射はとは、A型という血清型毒素だけを精製してとりだした製剤を使った注射で、筋肉(表情筋)を弛緩させ、そしてしわを作れなくする治療です。
筋肉の動きを抑制ボトックス注射で効果が注入されるボツリヌス菌毒素にはあり、しわの改善を目じりの笑いしわ・眉間のしわ・額の横しわ等「表情しわ」の原因となる「表情筋の動き・緊張」を抑制することで、はかります。
スタンダードに、ボトックス注射は2度目以降は初回より効果が持続します。
筋肉の収縮時に産生される神経伝達物質アセチルコリンという物質の放出をボトックス注入によって止め、筋肉の動きを抑制します。
つまり、しわをしわ治療に作る動きそのものを止めるため非常に有効なのです。
2002年に、ボトックスはアメリカの食品医薬品局で、正式にしわ治療薬として認可をされました。

 

一般的なしわ治療としてボトックス注射は美容クリニックで行われています。
しわを目立たなくしたり、新しいしわをできにくくする最先端医学で、アメリカはもとより広くヨーロッパでも使われている治療薬です。